かわらばんFRESH680

2016年9月4日
交換講壇 北ブロック(8月28日)            
 
 江波教会には、広島教会牧師・播磨聡先生においで頂きました。
詩編121篇を通して、主が私達一人ひとり見守ってくださるという、心強いメッセーをいただきました。

         

  礼拝中カメラを忘れてお話に聞き入っており        ママに抱かれて ではありませんよ。
    食事が終わりそうな時やっと撮影             若いリラさんに抱かれてご満悦


 播磨先生はメッセージの最後には、次のように閉められました。
「危機や貧乏に直面する中で、不安と恐れに押しつぶされ危機的状態の中で呻きを神にあげることがないと私達は『天地を造られた主のもとから』という告白に至れないのかも知れません。

 けわしい山を見上げる時私たちは、しばし嘆きつつも、なお、わが助けは来る、この告白を共にしていきましょう。」と。




     
あいのぞみ園訪問

秦 美登里さんを訪ねて、主の晩さんを共にしていますが、報告が6月7月とでき
ていませんでした。8月30日のこの月最後の水曜日、祈祷会を終え午後から出かけました。

   

     
 丁度テレビを見ておられましたが、持参した懐かしい方々の写真を見ながら、会話がはずみました。
といっても耳が少々不自由になっておられ、乃り子さんに、ノートテークをしていただいてのことです。




サンキ・ウエルビィ納涼祭


 8月8日(土) 施設長さんからお声がかかり、江波教会からも参加することになりました。
でも土曜日ということで、3名しか参加できません。Tさんも入院中、なんと心細いことでしょう。
そこで、助っ人を頼みました。導かれかれた方がありました。 教会の近くに在住のSMんです。
CS生徒で教会に通っていました。もう成人しフルート奏者になっています。
ちょうど時間もあり、快く引き受けいただき幸いでした。

 先ず、新生讃美歌431番「いつくしみ深き」を」キーボードとフルート伴奏で歌い、2節目はフルートだけで・・・次は全員でと。2曲目は新生讃美歌433「祈りさびらの琉球の曲は難しいので「ふるさと」の曲で歌いましたよ。 

スタッフの方、入所者の方々も練習していて下さり、ご一緒に歌ってくださいました。 フルートのアンコールもありましたよ。 その後、「恋の季節」と「Oh Happy Day」を、老人向けに訳してあり楽しく身体を動かしながら一緒に歌いました。 (^O^)/



最後に盆踊りがありましたよ。 後ろの方の浴衣姿の方、どなたでしょう? わかりますね。

江波二本松の女性会の方々のご奉仕もありました。

来年の納涼祭は、というより今年のクリスマスには皆さんの参加を望んでいます。




back