江波キリスト教会かわらばんFRESH697

2017年1月22日
青野太潮先生からの年賀状   

 新しい年を元気でお迎えでいらっしゃいますか。

 ヨーロッパの友人たちからのクリスマスカードによれば、どの国でも難民問題ゆえの右傾化が顕著で、
人権の為の闘いはますます困難になってきているそうです。

 日本は難民認定数が少ないことで悪名高い国ですが(2015年は申請が7586人,許可27人)、その根底に排外主義的な傾向が認められます。日本の右傾化はどうにかならないのか、 なぜ安倍政権はこれほどまでに安泰なのか。戸惑いは大きくなるばかりです。

 太潮は、12月20日に「パウロ・十字架の使徒」(岩波新書)を出版いました。
一般読者の目線からの執筆という縛りが厳しくて、難儀しましたが,編集者の助けを得て、やっとのことで完成できました。ご一読いただけたら、とても幸いです。 (後略)
 
広島大雪

 広島は33年ぶりの大雪で大変でした。多くの方々が、礼拝に足止めという状態でした。
奏楽ご奉仕の小西さんは、舟入小学校前からバスで早めにお出かけ下さったりお嬢さんのまりさんが「早く行かないと、宮井先生が困られるから・・」と、お母様を送り出して下さったそうです。


同じく舟入から江波に向かって笠原さんは、車をスノータイヤにしていないので、電車での予定だったところ、電車がのろのろ運転で歩いてこられたそうです。そして江波電停についた頃、電車も江波に着いたとのこと。「寒かったでしょう。」との問いに、お返事「いや、汗が出てきました。」と・・・。


中村さんは、車の準備万端で安佐南区・西風新都から無事に来られました。宮岡さんもお迎えいただいて感謝でした。


         (写真は,靖子さんのブログから、ご近所の雪景色です。)

津村さん一家は、やはり車をスノータイヤにしていなかったので残念でした。
   (でも、Facebookで メイシャさんの投稿を見つけたよ。)

          
               
             チラチラ おちる 雪よ 雪よ
             チラチラ チラと なぜおちる
                葉のない枝に  暖かそうな
                真綿の服を   着せるため
                        
                          (詞 中田羽後・こどもさんびか)
 
 
↑ 津村家から写したご近所の景色でしょう
 小さな礼拝してから雪遊び。

寒いけど楽しかった ❗

神様に感謝。
 

小さな祈りと雪のように.
寒いけど楽しかった ❗
神に感謝します.
小家族のお祝い. 初スノー劇.
寒いけど, おめでとー
珍しい珍しい雪がここにたくさん来ています.
 主を讃えなさい.


舩越大雪 こんなことありえない!
寒い こんな感じでどこも行けない。
教会に行きたぁい。
 
 



back
かわらばん/2014~2015