江波キリスト教会かわらばんFRESH700

2017年2月26日
祈祷会   
 
  2月22日祈祷会は、いつも通り中村凱洋さんのご厚意により中下カツヱさん・宮岡芳香さんと4名で・・・靖子さんも博多に孫さんたちのもとに行っておられました。

 宮井牧師ご夫妻は福岡に行かれ留守・・・あちらで祈ってくださっていることを信じ感謝しながら・・・
宮井先生は、20日~22日までリカレント研修(大名クロスガーデンにて)学びの時を、乃り子さんは太宰府で先生のご実家を整えておられることでしょう。


 
 この日は、聖書教育から“逆風の中で” マタイ14章22節~33節 「安心しなさい。わたしだ。恐れることはない」とのみ言葉を頂きました。

信仰とは、「あつい、薄い」ではなく、「共におられる方」への信頼だということを再認識しましょう。
と聖書教育・聖書の学び青年成人科の筆者(河野広一牧師)より学びました。

         
祈祷会の後、それぞれ持参の昼食をとり、おなかを整えて会堂掃除にとりかかりま
した。昨年8月アッバの会で話し合いましたように、祈祷会参加者、喜んで会堂掃除
にのぞんでいます。感謝です。
 
          

祈り(信徒の友2月号より)
  人生の支配者なる神さま  
     一年でいちばん寒く厳しい二月を迎えました  
     陽光が恋しく春の訪れが待たれます  四季の寒さばかりではありません 
     人生の冬を迎えて 心も身体も凍ったようになり 人生の冬は 永久に終わらないのではないか     とさえ思われるほどです

    そのようなとき「主に任せよ 汝が身を」と始まる賛美歌を繰り返します
    静かに春を待てば 雪が溶けて花が咲く 嵐や闇でも ただ主に任せれば助けてくれる 
    このように望みを呼びかけてくれます。

原野あゆみさん・世界旅行に
 
 1月18日 礼拝に出席なさった折、原野あゆみさんが世界一周の旅に出かけられると聞いて驚きました                                   (日本一周でさえできない私)

 あゆみさんのお母さま(奥さゆりさん)に聞きましたところ、まず現在バンコクとのこと、バンコクってどの辺りかな~~と想像しつつ、インターネットを開いてみました。

 「タイの首都でタイ最大の都市であるバンコクはタイ経済の中心であり、またラオスやカンボジア、ミャンマーを含むインドシナ半島の経済圏の中心地でもある」 と書かれていました。

 タイには以前、宣教師として江原先生ご夫妻・日高先生ご夫妻が遣わされておられましたね。
挨拶は「サワディーカー」と言うだけ記憶しています。地図を開いてみました。

 下の写真は、お父様(あゆみさんのおじいさま)の所に送られてきた一部を頂きました。


 左から「奇跡的に画像縮小できてアップローできた唯一の縦写真」
 中央・「尖っています」
 左「ボートに乗って」と書かれています。

 もうすでに、他の国かも知れません。今度は何処の便りがあるでしょうか?
 楽しみに待っています。 
 


 back