江波キリスト教会かわらばんFRESH706

2017年6月4日
泰さんお元気でした!!  
 
 5月も第3水曜日・祈祷会後 昼食を終え、会堂掃除は中下さんと靖子さんにお願いし
中村さんの車で「あいのぞみ園」に向かいました。まだお昼寝にならないうちに無事到着

 この日は,千葉在住の次女さん(加江さん) のお話になりました。タンスの引き出しから,送られてきた写真を見せて頂きました。次女さんが還暦を迎えられたと写真に添え書き、「60年間 ありがとう」と記されていました。
 
  加江さんの孫さん(泰さんの曽孫さん)、それぞれ名前が書かれ,幸せそうなご家族の写真でした
 
   
 その後、賛美し宮井先生のメッセージ 晩餐を受け,賛美・祈祷。
 私たちも,共にみことばに預かる幸いを感謝しつつ,泰さんの姿に、後に続く者となりたいと
切に祈らされ、中村さんの車で帰途へ向かいました。感謝 !!

訪問してきました
 
 広島市東区と安佐北区方面に向かいたく,バスセンターでたずねましたら幸い同じ路線のバスでした。
先ず、バスセンターから近い東区を目指して・・・
以前、車で行った事は何度かありましたがバスで行くのは初めて、センターで聞いていたバス停「天水」でおり,さて右に行くべきか左に行くべきか一瞬迷い、祈りつつ右に向かいました。
               
 
 
進めば進むほど,全く見慣れない風景。でも番地が近いので前進するのみでした。
 最近、江波の街々もあちこち古い家はなくなり新築され、また福祉施設も新しく2件ほど建てられている。戸坂も同じく変わり果て新しい家々が建ち並び、でも畑が見えてきたので近くなったと感じ目的のSさん宅にたどり着きました。

 表札にはしっかり名前が書かれていてほっとしました。
ところが何度チャイムをならしても応答ない、何か人の気配がしたので,声を掛け続けました。お返事があり、懐かしいお顔が見えましたのでほっとしました。
 階段から荷物を持って降りる際、バランスを失い腰を痛めたそうです。20日ほど入院しておられたとのことでした。 癌も患っておられます。
この方のお父様が、ある時期江波教会の会計の役員をしておられたことがあります。
 被爆後は、仮会堂の1室でご家族共々住んでおられたことがあると聞いていました。


どなたからか電話が入り、まだ伺いたいこともありましたが、ご挨拶もそこそこに次に向かいました。
 向かったのは、安佐北区です。そこから再びバスに乗って・・・O家に。

こちらは,何度かバスで行ったことがありましたが、一停留所乗り越し、歩いて戻りすぐ到着しました。

   
        
       O家の玄関                   玄関前に美しい花が咲いていました
  残念ながら、お留守で残念でした。
 後日、電話しましたら懐かしいS夫人の声でした。Oさんは、鈴峯と修道大学が合併したことにより、以前よりゆとりがありそうでした。
 Mちゃん・Sくん・Kくんにも。会いたいですね~~

 またご家族で,教会にいらしてくださること、心からお待ちし、お祈りしております。
 



back