江波キリスト教会かわらばんFRES728
2018年9月2日
礼拝司式に感謝

 7月29日合同礼拝の折、津村メイシャさんが礼拝司式の予定でした。ところが台風災害のため、メイシャさんは勿論、多くの方々が礼拝の足を断たれました。

代わって8月19日の礼拝で、メイシャさんが司式のご用に当たって下さいました。


  
  前の週に当日の交読文をチェックし、讃美歌を練習し、言葉の壁を乗り越えて、堂々と司式のご用を果たされました。心から主に感謝します。
   
                          
 この日の小学科は、久しぶり四人揃いましたよ。
 
 創世記24章から、 “アブラハムの僕の祈り”と題してイサクの妻を探しに行く物語でした。
                    
 アブラハムの僕の祈りが終わらないうちに、
リベカがやってくるのですね。

“神のなされることはみな、その時にかなって美しい。”  口語訳・伝道の書3章11節 
  新共同訳聖書では、伝道の書が、“コヘレトの言葉3:11”となっています。
 “神はすべてを時宜にかなうように造り、又、永遠を思う心を人に与えられる。”と書かれています。
  感謝ですね。
                            
教会内 放送設備
 
教会内に、放送設備が完備されたのをご存知でしょうか?
礼拝堂に設置されたのは、皆様 礼拝時にお分かりのことでしょう。そのほか、江友館・母子室にも設置されました。Mさんのご奉仕によるものです。毎週礼拝時には、高齢者にとって嬉しいことです。
 
                   
  礼拝堂天井中央部に      江友館は、換気扇の前に   母子室の畳の隅っこに

     

 本当に毎週毎週礼拝後に、ご苦労様でした。感謝します。
 この度の災害のためJR呉線が全線開通しておらず、Mさんご夫妻礼拝出席がご無理で寂しいことです。西日本の災害は大きく、まだまだ復興には時が必要です。
 私たちは、ただ祈るのみです。

 


back