日本人と肉食

肉禁食の国

日本国は古来、肉食を禁じてきました。為政者が民に肉を食べるな、と命令していたのです。その最古の政令は飛鳥時代に遡ります。朝廷は民に対し、鳥獣肉を食べることを禁じました。奈良時代、時代が下って江戸時代にも、同様の禁令が発布されています。

なぜ政府は肉食を禁じたのでしょうか?それは、殺生を禁じた仏教の影響からだといわれています。確かに、飛鳥時代には仏教が事実上国の宗教でしたから、それも一理あります。しかし江戸幕府において国教の地位にあったのは、儒教でした。儒教には、肉禁食の教えはありません。にも関わらず肉禁食令が発布されています。

日本国の歴史において連綿と堅持されてきた肉禁食という国の立場が、いったい何に根ざしたものなのか興味をそそられます。仏教の戒律のほかに考えられるのは、神道の影響です。神道には仏教や儒教のような経典がなく、戒律もありません。ただ、初詣に見られる太陽信仰や、清め、禊、穢れといった清潔を旨とする観念が、日本人の血のなかに消し難くあるように思います。

その神道的観念が、肉を穢れと見なしました。なぜなら、肉食をするには動物の死体をさばかなくてはならないからです。動物を解体処理する仕事が穢れと見なされたことは、それに従事した人々が封建時代の身分制度において賤民の地位に置かれたことからもうかがえます。

日本国の支配階級は、平安時代までは貴族、鎌倉時代から江戸時代(明治維新まで)までは武士でした。僧侶は直接は統治しませんでしたが、支配階級に入るでしょう。肉への忌避感は、とりわけ彼ら支配階級のなかに根強くあったようです。僧侶は正式に肉禁食でしたし、貴族や武士たちもそれに準じました。元々戦闘集団である武士は狩りをしましたから、肉に対してもっと寛容であってもおかしくないと思うのですが、質実剛健という言葉が示すように彼らの食事は簡素かつ質素なもので、鳥獣肉は通常食べられなかったようです。

肉への忌避感が比較的強くなかったのは、むしろ人民の方でした。そもそも人民に対して肉禁食令が発布されていることからも、彼らの間に鳥獣肉を獲って食べる風習があったことがうかがえます。しかしこれを公然と行うことはできなかったので、馬肉を使った鍋料理のことを「サクラ鍋」、イノシシ肉を使った鍋料理を「ボタン鍋」と隠語で呼んだというわけです。

面白いことに、支配階級が肉を遠ざける一方で下層階級が隠れて肉を食べるという図式は、西洋とは真反対です。西洋では、支配階級の貴族たちが大いに肉を食べていたのに対し、下層階級の民はふすま入りの黒パンを食べていました。

菜食民族の美人

歴史を通じてほぼ菜食民族であった日本人は、抜きんでて繊細な審美眼を磨いてきました。美人の基準もまた、日本独自の菜食民族らしい特徴があります。

浮世絵美人画日本美人といえば、平安朝の絵巻物や浮世絵に描かれた美女の姿が思い浮かびます。十二衣をまとった平安美人は、ぽっちゃりした下膨れ、広い額、糸を引いたような細い目に描かれています。江戸時代の浮世絵美人は、瓜実顔の細面、すっと通った鼻筋、小さな切れ長の目、やや受け口のおちょぼ口です。これらの美人像は特徴が強調された戯画的な描き方がされています。実在の美女がこの通りの顔であったかどうかはわかりませんが、むかしの日本人がどのような容貌を美人と考えていたかが特徴的に示されています。

戦国時代に日本にやってきた宣教師ルイス・フロイスによれば、日本人は大きな目をゾッとするようなものとみなしており、また江戸時代の化粧指南書には目を細く見せる方法が記されているといいます。細い目が美しいとされていたのです。実際着物を着ますと、二重まぶたのぱっちりした顔よりも、一重まぶたで切れ長の涼しい目元の顔の方が似合います。そのほかには、色白であること、豊かで長い直毛の黒髪が、美人の条件でした。

色白できめ細やかな肌はもち肌と呼ばれ、日本女性の美しさを支える大きな魅力です。もち肌は、菜食民族ならではの特徴といえます。肉食をしていますと、肌のきめが粗くなり、加齢による劣化がひどくなります。西洋人の肌は、若いときにはきれいでも歳をとると皺だらけになり、見るも無残になることがあります。これは、彼らが肉食民族であることに起因します。

もう一つの菜食の特徴は、体毛と体臭の薄さです。日本人だけでなく一般に東洋人は西洋人に比べて、体毛が薄く、体臭もきつくないといわれます。これも、大雑把ではありますが、菜食と肉食の対照的な違いです。

日本国では伝統的に、菜食民族の特徴がそのまま美人の基準だったといえます。しかしながら、明治以降西洋文明が導入されてからは、美人の基準に変化が生じます。それまでの目の細い平面的な顔から、目の大きい立体的な西洋人に近い顔が美人となりました。

かつて自分たちとは容貌の異なる西洋人を「毛唐」などと呼び蔑んでいた日本人でしたが、今では洋服を着て椅子に座り、肉や乳製品を多く食べ、西洋人の容貌に憧れて一生懸命その姿を真似ています。菜食民族の美人像は、今では古風になりました。

近代化思想と肉食

長らく肉禁食の国であった日本国がその禁を解くのは、明治時代国を挙げて西洋化政策に大きく舵を切ったときです。その一環として政府は畜産業を西洋から導入し、国民に肉を食べるように奨励しました。

この政府主導の肉食奨励に戸惑ったのは、人民です。それまで禁じられてきた肉を食べよ、というのですから。そこで明治政府は一計を案じます。明治天皇に肉を食べてもらい、天皇の肉食宣言を国民に宣伝しました。福沢諭吉も自ら肉を食べ、西洋の食習慣は日本の食習慣よりも優れていると肉食を"啓蒙"しました。肉を食べ、西洋人に負けない大きな体になることが、近代国家の国造りを国是とした近代日本人の目標となったのです。こうして、肉食は国策になりました。

私たちがよく目にする明治天皇の肖像画は、近代国家の元首たるべく強くたくましい姿に描かれています。幼少時にはひ弱であったと伝えられる明治天皇が、本当にあのように屈強な姿をしていたとは信じられない気もしますが、強い文明国家を作ろうとしていた当時の政治家たちが欲した国家像が、あの天皇像に重なります。

やがて東京や横浜などの街には肉を食べさせる店ができ、肉を食べることが忌むべきことではなくりました。それどころか、肉は食べ物のなかでも栄養分に優れており、皆が食べたがる一等のごちそうになりました。明治末期から大正初期にかけて日本人の肉の消費量は、一人当たり292グラム、昭和35年には5.2キログラムとなり、平成18年には28キログラムになりました。

日本人の平均身長の方も、成人男子で1901(明治33)年に157センチ、1917(大正6)年に158センチ、1932(昭和7)年に160センチ、1958(昭和33)年に164センチ、1988(昭和63)年に170センチ、そして平成の現在は170.7センチ、成人女子で147センチ、149センチ、153センチ、157センチ、157.9センチと、この一世紀間で男子が13センチ、女子が11センチも伸びました。

日本人の体格は確実に大きくなりました。衣食住全般にわたり、西洋人とほとんど変わりない生活をしています。名実ともに近代化は達成されたといってよいでしょう。しかし、日本人は本当に強くなったのでしょうか?その目指した“強さ”とはいったい何だったのか、日本人が西洋人に追いつかねばならないと思ったのは結局どういうところだったのか…。また次の疑問も湧きます。日本人は菜食を捨て去って、このまま肉食民族になってしまってよいのか、と。

|TOP|