[画像]昆布巻き

昆布巻き

おめでたい食材の昆布を使った昆布巻きは、昆布をがっつりと食べられるうれしい一品。昆布の種類はいくつかありますが、昆布巻きには通常日高昆布を使います(利尻昆布、羅臼昆布はだし用)。かんぴょうは無漂白のものを選びましょう。

昆布巻きの中身は、野菜ならごぼう、人参、魚なら鮎、はたはた、鮭などがよく使われるようです。

材料

作り方

  1. バットに薄く水を入れて、昆布をしんなりさせる(軽くしんなりするていどにし、ぬめるまで戻さないようにする)。
  2. かんぴょうを手で軽く揉んで水洗いする。
  3. 昆布を適当な長さに切りそろえ、中身の食材(ここではするめ)を乗せて端から巻いていく。ぐるぐる巻きしたら、かんぴょうで2箇所縛る。
  4. 鍋に水と昆布巻きを入れて弱火にかける。水の量は、昆布巻きを軽く押さえて浸るくらい。
  5. 20分くらいたったところで醤油を入れて味付けし、軟らかくなるまで煮る。軟らかくなったかどうかを見るには、竹串を刺してみる。
  6. 火を止めしばらく置く。
  7. 昆布巻きを真ん中で切り、端をきれいに切りそろえ、皿に盛る。

調理のポイント

昆布の長さは、厚くしたいときは長く、薄くしたければ短くします(写真の場合10cm×20cmくらい)。あまりぶ厚いと、昆布と中身両方を同様に軟らかく煮るのが難しくなります。