1. ホーム
  2. 翻訳
  3. トランス脂肪酸は記憶力をわるくする

トランス脂肪酸は記憶力をわるくするイエディラ・ガリンド

原文:『dietary Transfat Linked to Worse Memory』by Yadira Galindo
出典:『US San Diego News Center』

食品の風味、食感、日もちをよくするために添加されるトランス脂肪酸の多量摂取は、45歳以下の男性において記憶力の低下と関係することが、ウェブ上に発表された6月17日付「プロスワン」に掲載されたカリフォルニア大学サンディエゴ医科学校の研究によって明らかになった。

この研究は、男女1018人に食事調査と言葉を思いだす検査を含む記憶力テストを行ったものである。その結果、45歳以下の男性は平均86語であったのに対し、トランス脂肪酸を摂取した対照集団の男性は、トランス脂肪酸1グラムにつき0.76語記憶力が低下した。これは、トランス脂肪酸をまったく口にしなかった壮年男性と比較すると、最大で12語の差に相当する。

「トランス脂肪酸は、現役世代の男性において記憶力の低下と強い因果関係があることが示されました」と話すのは、この研究を指揮したカリフォルニア大学サンディエゴ医科学校教授のビアトリス・A・ゴロブ氏である。「トランス脂肪酸の摂取は、行動と気分を退行させる作用があることがこれまでに知られていました。それと脳の機能です。しかし、記憶力や認識力への作用は知られていませんでした」

調査は、年齢、教育、民族、気分の項目を調整して行われた。その結果、トランス脂肪酸の多量摂取と記憶力の関連が45歳以下の男性において明らかになった。

この調査では、女性被験者の数が少なかったため、もっぱら男性への影響が注目されているが、女性単独の検査結果を男性のものに加えても結果に変化は生じないという。トランス脂肪酸と記憶力の関連は、高齢者には認められなかった。これは食事の影響が若い人ほど顕著に現れやすいことが原因ではないかと、ゴロブ博士は考えている。年齢とともの脳に損傷が生じ、食事の影響を特定できる決め手となる記憶力テストの数字が、変わりやすくなるのだろう。

トランス脂肪酸は、脂質特性、代謝機能、インスリン耐性、炎症、心臓病と全般的な健康へのわるい作用と関係している。2013年アメリカ食品医薬品局は、正式な決定ではなかったものの、トランス脂肪酸はもはや一般に安全とは認められないと発表した。疾病管理センターの試算によると、トランス脂肪酸の摂取量を削減すれば、合衆国で年間に発生する心臓発作による死亡を1万から2万件、心臓病による死亡を3千から7千件減らすことができるということだ。

「患者さんにいつもお話ししているのですよ。トランス脂肪酸は確かに食品の寿命を長くしますが、人間の寿命を短くしますとね」とはゴロブ博士の言葉である。